ドライアイ サプリ 口コミ

ドライアイ対策のサプリメントはどれを選ぶ?

 

目がショボショボする、目が痛い、まぶしくて目を開けていられないなど、つらい症状のドライアイ。

 

原因は、パソコン、スマホ、コンタクトレンズ、マスカラ、エアコンなど、私たちの生活にひそんでいます。

 

このサイトでは、ドライアイに効果のあるサプリメントをランキング形式でご紹介します。

 

参考にしてみて下さいね。

 

ファンケルえんきん

 

 

ファンケルのえんきん

 

目の機能性表示食品「えんきん」の公式サイトはこちら

  • 【日本初!目の機能性表示食品!】えんきん
  • 年齢とともに手元のぼやけを感じる方におすすめです。
  • ルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3-、グルコシド、DHAが含まれています。

 

 

価格

お試し2週間分+2週間分で1000円(税込)

内容量

1カ月分

備考

お得なお試しコースです。

 

ファンケルえんきんの総評

 

ドライアイでお悩みの方にオススメのサプリメントです。

 

実感した人は93%!

 

大切な目に必要な栄養素を補給して、毎日を楽に生きたいですね。

 

サプリメントは毎日飲むもの。

 

だから、ピント調節力が4週間で改善したという臨床試験も認められているえんきんが選ばれているんですね。

 

 

目の機能性表示食品「えんきん」の公式サイトはこちら

 

 

 

 

北の国から届いたブルーベリー

 

 

北の国から届いたブルーベリー

 

やわたの「北の国から届いたブルーベリー」公式サイトはこちら

 

  • 1袋にたっぷりブルーベリーエキス約1800個分!
  • アントシアニン含有用3倍以上の野生種ビルベリー使用。
  • 安心の全額返金保証付きです。

 

 

価格

2,160円(税込)→らくらく定期便2,0524円(税込)

内容量

30粒(1カ月分)

備考

2回目以降は3,982円でお届けします。

 

北の国から届いたブルーベリーの総評

 

ドライアイ対策サプリメントとして有名なやわたの「北の国から届いたブルーベリー」。

 

細かい字が読みにくくなったり、日差しがまぶしく感じるなど、視力の低下を感じたら、アントシアニンなどの栄養素をしっかり摂りたいですね。

 

でも、アントシアニンを多く含むブルーベリーを毎日摂るのは難しい・・・

 

だからサプリメントがオススメなんです。

 

ブルーベリー以外にも、7種類のサポート成分を配合しているので、クリアな毎日が楽しめます。

 

続けやすいお値段で全額返金保証付きだから、気軽に申し込めますね。

 

新聞の文字も読むのが苦痛ではなくなったと、嬉しい声も届いています。

 

 

やわたの「北の国から届いたブルーベリー」公式サイトはこちら

 

 

 

 

アサイベリープラチナアイ

 

 

アサイベリープラチナアイ

 

アサイベリープラチナアイの公式サイトはこちら

 

  • アサイベリー、ビルベリー、カシスの3種のベリーとルテインを配合
  • レスベラトールも配合でパワーアップ。お得な定期便でお届けします!
  • すごい抗酸化力で、目ヂカラを実感できます!

 

 

価格

4,600円(税込)→定期コース2,300円(税込)

内容量

1カ月分

備考

2回目以降もずっと2,300円でお届けの定期コース。いつでもキャンセルできます。

 

アサイベリープラチナアイの総評

 

ドライアイに悩んでいる、夜の運転がこわい、新聞の文字の焦点があわない、など、年齢とともに目のお悩みを持つ人が急増しているんです。

 

そんなお悩みに真剣に応えたアサイーベリープラチナアイ。

 

ぐっとくる13種類の成分で、実感力が違います。

 

毎回半額でお届けというのが嬉しいですね。

 

 

アサイベリープラチナアイの公式サイトはこちら

 

 

 

ドライアイってどんな症状?

 

ドライアイになると、次のような症状が表れます。

 

  • 目がしぱしぱする
  • 目やにの色が白っぽい
  • 朝起きるとき目が開けにくい
  • 目の乾燥
  • 疲れ目
  • 目の充血
  • 目ひりひり感
  • 見えづらい
  • 視力が悪くなってきている
  • コンタクトレンズをつけたときに目に痛みを感じる

 

また、目の中に異物感を感じていたり、眼精疲労や充血などといった症状を訴える人も多いです。

 

最近の研究で、ドライアイになると視力が悪くなってしまうことも判明しています。

 

年齢が衰えたことによって、視力が悪くなってしまったのだと思っていたのに、実はドライアイによって視力が悪くなってしまっているのかもしれないんですね。

 

ドライアイの原因は?

 

ドライアイの主な原因は涙です。

 

涙は泣く時や、目にゴミが入った時にだけに出るものではありません。

 

常に目の表面を多う、いわば目のカバーのような役割をしています。

 

涙のカバーには、いくつもの大切な役割があります。

 

  • 目の表面の細胞を乾燥から守る
  • 目の表面組織に栄養や酸素を供給する
  • 外界から侵入する菌・異物から目を守る
  • 角膜の表面の凸凹を涙がなめらかにすることで、きれいな画像を脳に届ける

 

涙は目の健康を守るだけでなく、快適な視力に欠かせないものなんです。

 

ドライアイ対策のサプリメントの口コミをチェック!

 

この涙の異常がドライアイです。

 

現代人は涙が減少傾向にあるという報告もありますが、この原因は不明です。

 

加えて、現代社会は涙を乾かす要因に満ちています。

 

パソコン、テレビ、スマホ・携帯画面などのモニターを見続ける生活、エアコンによる乾燥した室内、など・・・。

 

それにより、まばたきが減少して涙が乾きやすくなります。

 

また、涙の分泌は副交感神経(リラックスしたとき)に支配されており、交感神経優位(緊張時)には減少するメカニズムがあります。

 

また、ストレスにより涙の分泌が抑制されているのではないかという考えもあります。

 

さらにコンタクトレンズの長期・長時間装用や、夜型の生活、食生活の変化、運動不足など、ライフスタイルも、涙の分泌に関係があります。

 

また、加齢によっても涙量の減少や安定性の低下することが指摘されています。

 

ドライアイに効果のある成分

 

ブルーベリー

 

私たちが物を見る時に、見たものを脳に伝える「ロトプシン」というものが作られます。

 

そのロトプシンを作る助けをするのがブルーベリー。

 

その為、目を使いすぎ、疲れ目、パソコンの見すぎなど、一時的なドライアイ防止に適しています。

 

また酸化防止にもなるので、気になる年齢になった方はドライアイを予防するために飲むのがオススメです。

 

値段も1500円前後で販売されているので、購入しやすいですね。

 

ルテイン

 

ルテインは、日の光を良く浴びる人や、活性酸素が気になるドライアイの人に向いています。

 

ドライアイ対策のサプリメントの口コミをチェック!

 

ルテインとは、網膜の中の黄斑と、水晶体に多く含まれている成分。

 

このルテインが減少すると光の影響を受けやすくなります。

 

ルテインが光などから組織を守ってくれているんですね。

 

また、ストレス、喫煙、過労などによってドライアイがおこる事が分かっていますが、その原因が「活性酸素」によって目が急激に老化するのではないかと言われています。

 

この活性酸素は、紫外線を浴びることによっても活性化するので、長期的にみて、ルテインの摂取は何らかの効果があるといえそうです。

 

オメガ3

 

オメガ3には、マイボーム腺の働きを改善し涙の油を分泌する効果があります。

 

涙液量が増える、目の炎症を鎮める、などの効果が期待できます。

 

オメガ3には、沢山のドライアイ改善報告があり、眼科で処方されるサプリメントはほとんど「オメガ3」が配合されています。

 

ドライアイ改善を目的にサプリメントで摂取するなら1日1700〜2000mgを摂れるサプリを選びましょう。

 

ラクトフェリン

 

ラクトフェリンは涙を出す涙腺を若返らせて元気にしてくれる働きがあります。

 

涙の量が増えることも報告されていて、重度のドライアイが起こるシェーグレン症候群の方にもラクトフェリンサプリが効果があります。

 

また、涙の成分にもラクトフェリンが多く含まれているので、ラクトフェリンサプリを活用してみたいですね。

 

ムチン

 

ムチンは涙成分の1つです。

 

涙を目につなぎとめる働きをもつ重要な成分で、ムチンを失うと涙の質が低下してドライアイになることも。

 

ドライアイ新薬「ジクアス目薬」や、「ムコスタ目薬」でもムチンを増やすことができます。

 

ドライアイを治すためにはムチンサプリなどで体内から摂取するといいでしょう。

 

ドライアイサプリメントは、専門外来でも推奨

 

ドライアイサプリメントは、栄養学の国際誌であるニュートリション・レビュー誌や、医学誌「American Journal of Clinical Nutrition」など、サプリメントによる改善が医学的に報告されているということで活用されているんです。

 

医師達の中でも一定の効果があると認められているんですね。

 

だから、眼科の目薬や治療でドライアイが治らなかった重度のドライアイ患者が集まるドライアイの専門外来でも推奨されているんです。

 

実際、サプリメントは即効性はありませんが、必要な栄養素を摂ることで、進行を止められたり、症状が変わってきたりするんですね。

 

ドライアイ対策のサプリメントの口コミをチェック!

 

ドライアイの原因は、マイボーム腺にあった?

 

ドライアイとは、涙が不足して痛みや疲れを感じる病気のこと。

 

目薬をさしても、眼の渇きはなかなか改善しません。

 

日本で729万人もいると言われています。

 

オフィスで働く3人に2人が悩んでいるという現代病です。

 

その原因は、水分不足だけではありません。

 

まぶたには、マイボーム腺という目の表面に油を分泌する機関があります。

 

ドライアイ対策のサプリメントの口コミをチェック!

 

マイボーム腺から出た油が、バリアになって目の表面から涙が蒸発するのを防ぐんです。

 

このアブラが出なくなることがあって、それがドライアイの原因になっているかも。

 

実際、ドライアイ患者の68%にアブラ不足の傾向が見られたというデータもあるんです。

 

原因@アイライン

 

アイラインをひくことによってマイボーム腺がつまる

 

原因Aコンタクトレンズ

 

コンタクトレンズをすることでまばたきをする度にマイボーム腺に刺激が加わりつまる

 

【対策】

 

ホットタオルで目を温めます。

 

水で濡らしたタオルをビニール袋に入れて500Wの電子レンジで45秒温めます。

 

これを5分間目にのせると、マイボーム腺につまったアブラが溶け出して、ドライアイが改善されます。

 

涙の構造をチェック

 

涙は、

 

  • ムチン層
  • 涙液層
  • 油層

 

の三層構造でできています。

 

ドライアイ対策のサプリメントの口コミをチェック!

 

この三層の質と量が乾くことが、ドライアイの原因。

 

それぞれの働きは次の通り。

 

ムチン層

 

表面の「ゴブレット細胞」から分泌されるムチン。

 

涙を表面に安定させる接着剤のような役割を果たしています。

 

ムチンが不足すると涙がうまく広がらないため、乾きを感じます。

 

涙液層

 

涙の90%を占める涙液層。

 

まばたきをする度に涙腺から分泌されます。

 

血液を透明にした栄養豊富な液体で、栄養を与えたり、潤すのに重要な役割をしています。

 

栄養が不足したり、分泌量が減少すると乾きを感じます。

 

油層

 

涙は直接空気に触れないように油層で守られています。

 

油層の油を分泌するのは、まつ毛の生え際にあるマイボーム腺です。

 

この働きが低下すると、油が減少したり、油がドロドロになるので、涙は蒸発しやすくなります。

 

ドライアイ サプリメント わかもとの製品は効果ある?

 

わかもと製薬から最近発売になった、オプティエイドDEというサプリメントが今話題なんです。

 

 

【送料無料】オプティエイドDE 60粒を楽天市場でチェックする

 

以前、アメリカで行われた数千人規模の大規模な疫学研究で、摂取しているオメガ3と6必須脂肪酸の比率で、オメガ6の摂取率が高い人ほどドライアイを発症する確率が高いということが発表されました。

 

オメガ3とオメガ6の違いはざっくり言うと次の通りです。

 

オメガ3・・・青魚の油
オメガ6・・・サラダ油やお肉などに多く含まれる油

 

オメガ3必須脂肪酸には血液をさらさらにしたり、体の中の炎症を抑える働きがあります。

 

サプリメントでオメガ3脂肪酸であるEPAとDHAを摂取した場合にドライアイの改善効果があるという報告があり、オプティエイドDEもこの2つの脂肪酸が含まれています。

 

また様々な作用が期待されているラクトフェリンもドライアイの症状改善に有効であることが報告されています。

 

オプティエイドDEにも含まれていますので、興味のある人は試してみてほしいですね。